格安スマートフォン・楽天モバイルの速度や解約について

格安スマートフォン・楽天モバイルの速度や解約について

楽天mobileの気になるポイント

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。現在話題となっているのが、月々1250円で利用できるSIMサービスです。またdocomo回線を利用しているため、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。さらに、楽天モバイル契約中は楽天市場の買い物で得ることができるポイントが通常の2倍というのもお得ですね。ということで!楽天モバイル人気の秘訣をまとめてみました。分かりやすくまとめさせて頂いたつもりですので、お気軽にどうぞ♪

docomo回線を使った激安なスマホ

本田圭佑のCMで話題の楽天モバイルは、docomo回線を使用した格安スマホサービスです。したがって、ドコモと同じ高品質な通信サービスが提供され、一番気になるサービスエリアもドコモのエリアと同じなのでなんの心配もなく使えます。ドコモのほとんどのスマホが、そのまま楽天モバイルで使用できます。

そのため、楽天モバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。以前にdocomoで契約されていて、そのときのスマホがある場合はSIMカードだけを楽天モバイルで購入すれば、これまで通り使用することができますので、新たにスマホを買いなおす必要はありませんのでお得です。楽天モバイルを一言でまとめると、ドコモ回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

格安スマホの機種が大量

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、新たに楽天モバイルに対応したスマホ本体をご購入頂くことになります。楽天モバイルで販売されているスマートフォンは、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。だたし、楽天モバイルを契約する際には一つだけ注意することがあり、端末代金を分割払いにするときには楽天カードが必要となることです。楽天カードを未所有の場合、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。しかし、楽天モバイルの種類の多さはMVNOの中で一番なのは大きなメリットです。

データ通信料のくりこし対応してます。

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。それは、もったいないと思われる皆さん、楽天モバイルならば、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、余った通信量を無駄にしないで翌月に使うことができることは、楽天モバイルの優れた点です。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのが楽天モバイルなのですね。

通話代が半額で済む、楽天電話

楽天モバイルでのサービス「楽天でんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、IP電話と違ってこちらの番号がそのまま通知されるため、電話を受けた側は誰から掛かってきたか分からないといった心配がありません。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。要するに、電話の受け手からすれば今まで通りの電話番号が表示されるのです。IP電話サービスを利用して電話をすると、非通知での発信しかできなかったり050番号が通知されたりとするので、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。楽天でんわで使用した通話料金においても、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。かけ放題の通話サービスもあるんです。

5分かけ放題開始。

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。MVNOは格安なのが売りです。しかし、電話使用が多いから料金がかかるのではないか、という不安のある方もいます。ですが、安心のサービスが始まりました。楽天モバイルが提供を開始した新サービスにおいて、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるサービスが、なんと月々850円で登場しました。この「5分間通話かけ放題オプション」は、IP電話ではなく、一般の電話回線を利用していますので、楽天でんわと同じく、発信者番号通知にも当然ながら対応していますから、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。通話がかけ放題になるプランを提供しているNifMoでは、発信者番号通知のサービスに対応していない事もあるようです。楽天でんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、1回5分以内でひと月に43分以上通話する計算なら、ぜひ利用したいオプションですね。

到着月は無料に!

楽天モバイルの申し込みをすると、最初の一か月分の料金が無料になるのです。ちなみに、初回月とはSIMカードがお手元に届いたその日の月のことになります。もしも1日に届いたら、その月あと30日分ずーっとタダ!しかし、今ご利用中のスマホの解約手数料などとの関係もありますので、そこは月初だからお得とは言い切れない場合もあるので、乗り換えの前に一度確認した方がいいでしょう。 ”

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの契約料について、説明させて頂きます。今のスマホ代の月々の料金と比べてみると、どれくらいの金額を現在のスマホ代から抑えられるかご確認しながら、お読み下さい。早速、それでは楽天モバイルの料金プランについての説明に入っていきます。

楽天モバイルの料金プラン・初期費用

楽天モバイルのプランは、SIMはデータ通信用と音声通話用の2種に分かれています。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランというのは、200Kbpsの低速通信のみが使い放題となるプランです。このプラン意外は、LTEの高速回線という262.5Mbpsの利用となります。楽天モバイルでは、初期費用は一律3,240円だけです。ただし端末を購入する場合は、その費用も必要になります。

楽天モバイルの解約手数料について

楽天モバイルの違約金について、解説していきます。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという、決まりがありません。解約手数料は無料なので、安心です。音声通話SIMをご利用の際には、最低でも12か月利用していただかなければなりません。1年以内に解約をした場合は、違約金として9,800円支払う必要があるので注意して下さい。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

楽天モバイルのインターネット速度

楽天モバイルの通信回線は、0スピードに関しては、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルならではの大きなメリットの一つといえるでしょう。MVNOや格安スマホもさらに業績を伸ばしそうですね。

楽天モバイルの帯域制限

MVNOすべてで共通ですが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しておりました。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、設定容量を超えたユーザーには、速度の制限をしていました。嬉しいことに、この3日制限が撤廃されました!ということで、楽天の格安スマホに関しては、音楽や高画質写真をダウンロードしても、3日制限の心配をする必要はなくなった事により、かなり使いやすくなりました!

今月開催中のキャンペーン